No.94 車コーティングと洗車の関係

車コーティングではどんなコーティングを選ぶかが重要になってきます。お金や耐久性、艶などの観点から選んでいくことになるわけですが、その際に注意したいのが洗車との関係です。耐久性や艶は経年によってどうしても劣化していくわけですが、洗車をどう行うか、あるいは洗車の影響を受けやすいかどうかによっても異なるからです。たとえばガラスコーティングは傷がつきにくく耐久性に非常に優れた選択肢として人気を得ていますが、適切な洗車を行わないと劣化を進めてしまう恐れがあるのです。せっかく決して安くはないお金をかけて洗車を行うわけですから、適切な洗車方法を心がけることも大事です。

ガラスコーティングの洗車に関しては手洗いのシャンプー洗車がもっとも適しているといわれています。ちょっと手間がかかる方法ですが、それによってガラスコーティングのよい点を長く保つことができるのです。

そして注意しなければならないのがシャンプーの選択。これはコーティングの種類によって相性や向き不向きがあるため車コーティングを依頼した業者に必ず確認しておきましょう。シャンプーに使用されている界面活性剤によっては表面に傷をつけてしまったり、逆に汚れをなかなか落とせない場合もあるからです。

車コーティングを行った車の洗車はまず水でよく洗い流してから行うのが鉄則です。ガラスコーティングの場合はとくに撥水性に優れているのでウォータースポットなどのトラブルを心配することなく水で洗い流すことができます。そのうえでシャンプーをよく泡立てたうえで洗っていきましょう。終わった水で洗い流すことになりますが、その後には放置せずに給水布で水分をできるだけ拭き取っておくと仕上がりがよくなります。

理想としては1ヶ月に1回は洗車を行いたいところです。この点は駐車場の環境によっても異なりますが、せっかくの車コーティングの効果を損なわない範囲内で適切な洗車を行う習慣を身につけることは間違いなく必要です。

関連記事一覧