No.63 車内クリーニングで車をキレイにして気分もリフレッシュ

車の室内クリーニングをお願いするようになったのは、転職してからのことです。営業なので車に乗っている時間が長いですし、色々な場所に行く分かなり汚れやすくなってしまいました。特にひどいのが窓です。少しサボっているとすぐに汚れてしまうんですよね。でも、営業に使っている車ですから汚い状態にしておくとお客様からのウケも悪くなってしまいます。この窓掃除というのが案外厄介で、新聞紙とかを使ってやってもどこか油っぽいのが残っていたりするのが嫌でした。

そこで、特に大口契約の時などは気合を入れて車の室内クリーニングをお願いするようになったんです。お客様から車を見られる機会というのはそう多くはありませんが、逆に「綺麗にしてるんですね」と言われた時の成約率というのは非常に高いんです。確かに逆の立場になって考えてみると、汚くてベトベトになっている車に乗るような営業マン、あんまり信頼出来ませんよね。今まではスーツにこだわったり髪のセットに気を使ったりしていたのですが、最低限の清潔感さえあればもっと大切なことは他にあるのだと気付きました。

車を綺麗にするようになってから、妻子が一緒に出かけたがる機会も増えました。といっても、以前だったら休みの日なんだから寝かせてくれ!とでも言っていたと思います。でも、車内の空気が綺麗になるとそんな自分の気持ちまで綺麗にスッキリするから不思議ですね。綺麗な車を運転している時は、自然に受け入れることが出来ます。でも、車が汚くなって窓が汚れてくると、なんだか自分でもやる気が出ないし家族サービスをする気も起きません。

これって風水の一種なのかなとも思います。風水はとにかく掃除が大切で、部屋の気を常にクリーンにしておくことが重要と聞いたのですが、やっぱり綺麗な部屋に帰ると気分もリフレッシュします。私の場合、とにかく運転している時間が長いのでそりゃ綺麗にしておいた方が気持ちもさっぱりしますよね。

関連記事一覧